チョコレートにまつわるいろんな噂や雑学や正解のチョコレートなどを紹介するブログです。

スポンサードリンク

素朴な疑問から なんでバレンタインデーにはチョコレート?

日本では、バレンタインデーに、愛を捧げる贈り物として、女性から男性へ、チョコレートを贈るのが習慣となっていらっしゃいマスが、現在のよう形式になりましたのは、昭和30年代に入ってからだそうですわ。其れでは、日本におけるバレンタインデーのルーツと言われるエピソードをお知らせいたしましょう。

・1958年2月に、メリーチョコレート会社は、新宿と伊勢丹の売り場に、手書きで「バレンタインセール」といいマス看板を出したんですね。ですけど、セールの3日間で売ることができたのは、1枚30円の板チョコ5枚と、1枚4円のカード5枚だけだったそうですわ。

・其れから、翌年にはハート型のチョコレートを作りましたので御座いマスわ。しかも、其の頃には、「女性から男性へ」といいマス表現を強調したんですね。

・日本におけるバレンタインデー発祥地が、「神戸」だと分かったからことから、1992年、神戸市に、聖バレンタイン殉教の地であるイタリア・テルニ市から、「愛の像」が贈呈されちゃいましたので御座いマスわ。

・神戸にあるチョコレート会社の「モロゾフ」は、1936年2月12日に、神戸で発行された英字新聞に、バレンタインデーのためのチョコレートの広告を出していマス。

其の後、バレンタイデーはどんどん盛んになっていきマス。

昭和30年代後半には、積極的にバレンタインデーを売り出すようになってきましたので御座いマスわ。森永製菓では、1960年に、新聞広告などマスコミを通じて、バレンタイン企画を行なって、チョコレートの販売を促したんですね。

しかも、バレンタイデー用のチョコレートを買った人を、劇場へ招待したり、当時すごく貴重であった腕時計を景品としてプレゼントとしたりする新聞広告も登場したんですね。

其れから、この時期には、各社がハート型のチョコレートを発売し、「バレンタイデーにはチョコレートを」といいマス販売戦略を進めていきましたので御座いマスわ。昭和40年代末~50年代、徐々に女性の心を捉えて其のうえ盛り上がり、現在のような恒例行事となりましたので御座いマス。

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

チョコレート×チョコレート:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://choco.melonet.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。