チョコレートと花粉症




チョコレートと花粉症の関係について説明いたしましょう。

チョコレートの原料は、カカオ、ミルク、砂糖などで、ですが、主な原料であるカカオには、ポルフェノール、テオブロミン、カフェイン、チラミンが含まれており、其れらの成分は花粉症と関係があると言われていマス。

「ポリフェノール」は、炎症の際に現れる活性酸素を消去させる作用が御座いマス。花粉症の場合も、のどや鼻に活性酸素が発生しておりマス状態に御座いマス。ポリフェノールと言えば赤ワインが有名で、ですが、チョコレートにもポリフェノールが豊富に含まれていマス。

「テオブロミン」は、喘息の治療薬やカフェインと似た構造をしていマス。花粉症の分野では、肥満細胞によって、かゆみ成分「ヒスタミン」を放出いたしマスが、テオブロミンは、ヒスタミンが放出するのを抑制する効用があるので御座いマスね。

続きを読む

(C) 2012 チョコレート×チョコレート